フリーランスとは

個人事業と法人事業


事業は個人でも、会社を設立して営むこともできます。どちらがいいとは一概にはいえませんが、事業の内容や規模などを加味して決めるといいでしょう。

例えば、個人事業の場合は資本金が不要で設立が容易、経理の手間が簡単などのメリットがあります。個人の能力や専門性で勝負する、小規模で始めたいというのであれば、あえて会社を設立する必要はないかもしれません。将来、会社組織にしたい人でも、初めはフリーランスという個人事業の形で始めるのも堅実かもしれません。

これに対して法人事業は、資本金が必要ということや経営上の手続きが煩雑になる反面、なんといっても社会的信用度の面で有利です。個人では、直接契約してもらえない企業も多くあり、ある程度大規模な事業になってきたら、会社設立をした方がよいでしょう。 会社組織にすることで必要経費が認められるなどの税金面や、社会保険に加入できる、資金調達がしやすい、金融機関からの融資が受けやすいといった利点もあります。

アイクラフトでは、法人化するためのお手伝いをすることも重要なミッションであると考えております。正社員や派遣社員、契約社員を経て、フリーランスとなり、何れは起業家として会社設立して成長することをアイクラフトは応援します。この一連の成長のお手伝いができるのは、アイクラフトならではの考えです。

前のページ
SOHOとの違い
コンテンツのトップ
メニュー
 HOME
 案件一覧
 運営会社
 弊社へのアクセス(地図)
 お問合せ
 個人情報保護
 これまでの会員登録: 3629人

HOME |  新規会員登録 |  案件一覧 |  運営会社 |  個人情報保護 |  お問合せ | 
Copyright(c) 2017 iCRAFT Corp. All rights reserved.