フリーランスとは

4)起業家への近道


フリーランサーは、SOHOと同じ独立した個人事業主です。自分の意思で仕事を選び、自分の能力がそのまま商品価値として、報酬に跳ね返ってくる実力主義です。しかも、会社員のように上司などの社内評価ではなく、お客さまが直接価値を評価します。

そのため、日々接するお客さまとの関係作りは重要な仕事のひとつです。コミュニケーション能力を高め、リーダ的な活躍ができるようになれば、そのチームでの作業を任されるようになるでしょう。

お客さまからの信頼を勝ち取ることは、起業家として最も重要なことです。その信頼作りが、日々の業務を通じてアピールできるフリーランスは、正に起業家としての第一歩を既に踏み出し始めたようなものです。


初めはひとりからスタートするフリーランスが、お客さまから直接仕事を請け負えるようになり、法人という会社組織にして受託のできる体制を整えたIT業界の社長が沢山誕生しています。つまり、フリーランスは、将来会社を起業し、しかも成功するために最も近道であるワークスタイルと言えるでしょう。

是非、将来の社長を目指し、フリーランスという実力を試せる道を選択しませんか。

前のページ
どうしたらなれるの?
コンテンツのトップ 次のページ
インディペンデントコントラクター
メニュー
 HOME
 案件一覧
 運営会社
 弊社へのアクセス(地図)
 お問合せ
 個人情報保護
 これまでの会員登録: 3628人

HOME |  新規会員登録 |  案件一覧 |  運営会社 |  個人情報保護 |  お問合せ | 
Copyright(c) 2017 iCRAFT Corp. All rights reserved.